頭皮湿疹発症からほぼ完治までの体験談(30代男性の場合)

頭皮湿疹発症!原因はストレス!?

数年前、頭皮湿疹を発症し、約1年でほぼ完治するところまできました。

現在はほとんど症状は出ていません。

完治が難しいといわれている頭皮湿疹をほぼ克服しました。

皮膚科に通院して塗り薬をもらったり、シャンプーを替えてみたり、生活習慣を見直したり、といろいろやりました。

頭皮湿疹は、本当につらいです。

収まらないかゆみ、大量に出るフケ、脱毛の恐怖。。

これは発症した経験のある人でないとわかりません。

少しでも頭皮湿疹で悩んでいる方の参考になれば、という思いで、私の発症からほぼ完治するまでの体験談を書いていこうと思います。

私が頭皮湿疹を発症したので、新しい部署に異動してしばらく経った頃でした。

30代半ばのことです。

会社で残業中、おでこの生え際よりもちょっと上のあたりにかゆみを感じました。

元々、軽いアトピー性皮膚炎がある体質なので、それがちょっと頭皮に出たのだろうといった感じで、あまり気にすることもなく、爪を立ててポリポリと掻いていました。

今思えば、あまり職場の人間関係もよくなく、しかも新しい仕事ということで、相当ストレスが溜まっていました。

頭皮湿疹の原因のひとつにストレスがあります。

ですから、私の場合、これが引き金になった可能性が強いです。

かゆみは、その後も治まる気配を見せず、それどころか、どんどんかゆみの範囲が広がっていきました。

アトピー用のステロイド剤を持っていましたが、それを自己判断で頭皮に塗るのはさすがに憚られました。

ちょっと心配になってきて、ネットで情報を集めてみると、この頭皮湿疹は「脂漏性皮膚炎」の可能性が高いことがわかってきました。

そして何よりショッキングだったのは、脂漏性皮膚炎を原因とする「脱毛」の2文字。

「まだハゲたくない!!!!!」

それまで躊躇していた皮膚科へ行くことを即断しました。

皮膚科を受診。病名は「脂漏性皮膚炎」

週末の土曜日に皮膚科へ行き、先生に症状を説明しながら、頭皮を診てもらいました。

該当部位を丁寧に診てくれた結果、「これは脂漏性皮膚炎だね~。」と言われました。

そして、「脂漏性皮膚炎は治りづらいから、ちょっと時間がかかります。根気強く治療しましょう。」とも言われました。

(すぐには治らないのか。。)

まあ、仕方がありません。

あまり焦らずに治していこうと思いました。

その後、脂漏性皮膚炎についての説明、日常生活での注意点などを丁寧に教えてくれました。

強調して言われたのが、シャンプーについてです。

(1)低刺激のシャンプーを使うこと
(2)すすぎをしっかりすること

この2点は強く言われました。

まずはシャンプーを変更!低刺激のシャンプーを探す

今まで使っていた市販のシャンプーではなく、低刺激のシャンプーを探すことにしました。

ネットで見ると、「コラージュフルフル」、「石鹸シャンプー」、「キュレル」、「ミノン」などの名前が出てきます。

脂漏性皮膚炎の人が書き込んだ口コミを見て、まずは「コラージュフルフル」を使うことにしました。

中には、これだけで脂漏性皮膚炎が治った人もいるそうです。

コラージュフルフルを使い始めると、確かに市販のシャンプーよりもフケが出なくなった感じがしました。

フケやかゆみが減るには減ったのですが、完全にはなくなっていません。

石鹸シャンプーやキュレル、ミノンなどの敏感肌用の低刺激のシャンプーも購入して、いろいろ試してみました。

ちょっと脱毛も気になっていたので、頭皮環境を改善してくれるウーマシャンプーも試してみました。

頭皮の皮脂を取り過ぎず、過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。

これで脱毛もだいぶ減りました。

個人的には、コラージュフルフルやウーマシャンプーがよかったかな、と思います。

人によって効果は違うと思いますので、いろいろ試してみるのをおすすめします。

シャワーヘッドも替えてみる

低刺激シャンプーについてネットで調べているときに、水道水の塩素を取り除いてくれるシャワーヘッドがあるのを見つけました。

名前は「ハイパーフリオン」といいます。

ちょっと値段が高いですが、頭皮の毛穴をキレイにしてくれ、脱毛を防いでくれるというので、思い切って購入してみました。

使ってみたところ、お湯が柔らかくなって、お肌にやさしいのが体感としてわかりました。

髪の毛もだいぶお手入れしやすくなりました。

水が変わるとこんなに違うのか、と驚きました。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は、石鹸やシャンプーだけでなく、お風呂やシャワーで使う水も気をつけるといいと思います。

ハイパーフリオンを使っていると抜け毛が減った感じがしますし、脂漏性皮膚炎が再発していないのも、このハイパーフリオンのおかげかもしれません。

カートリッジ交換等もなく、メンテフリーなのがまたウレシイですね。

処方された薬

脂漏性皮膚炎と診断されると、ステロイド剤と抗真菌剤が処方されることが多いようです。

私が処方されたのは、「リンデロン-VGクリーム」と「フロリードDクリーム」です。

これをお風呂あがりに頭皮に塗ります。

皮膚科の先生からは、2種類の薬を混ぜて使うように言われたので、そのようにして塗布しました。

症状がひどい時はリンデロンを多めに、そうでない時はフロリードを多めにしました。

頭皮は案外丈夫だそうで、長期間でなければステロイドを塗っても問題ないそうです。

ステロイドで早めに炎症を抑えてあげたほうが、結果的に早く治ると思います。

アトピーの人はわかると思いますが、ステロイドを塗ると、すごくかゆくなってくるんですね。

日中はいいのですが、夜寝ているときなどは、無意識にかいてしまうことがありました。

ですから、かゆみを抑える内服薬と併用しました。

内服薬は、ビタミンBや漢方薬なども処方してもらって、内と外から対策しました。

ステロイド剤と抗真菌薬は効果がありました。

日常生活を見直す

シャンプーを低刺激のものに替え、ステロイド剤や抗真菌薬、ビタミンBといった薬の活用で、症状は改善の方向に向かっていました。

これらの対策に加え、以下のことを実践してから、だいぶ脂漏性皮膚炎の症状がよくなってきました。

(1)スナック菓子やコーヒーをなるべく控える。
(2)ビタミンB、ビタミンC、亜鉛といった成分をサプリメントや食事で積極的に摂る。

油を使っているものや刺激物は、ゼロにする必要はないですけど、ストレスが溜まらない程度に、なるべく控えたほうがいいと思います。

脂漏性皮膚炎は、シャンプー、水、薬、サプリ・食事といったトータルケアでよくなっていくと思います。

私の場合は、こうしたことに気をつけて、改善と再発を繰り返しながら、徐々によくなっていきました。

治療を始めて1年後には、頭皮の状態がほぼ以前の状態になり、薬も必要なくなりました。

それから再発していません。

人によって対策は違うと思いますが、基本的にこうした対策で症状はよくなっていくと思います。

頭皮湿疹で悩んでいる人は、少しでも参考になれば幸いです。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ