頭皮湿疹ができる原因

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは、皮脂の分泌が多い場所である、頭部や顔などに発症する慢性の皮膚炎のことです。

脂漏性皮膚炎の場合は、ほかの皮膚炎とは異なり、マラセチア真菌というカビの一種が原因です。
そして、このマラセチア真菌が増える原因としては、不規則な食生活や睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

早めに適切な対策をしておかないと、症状が慢性化したり、再発したりしやすくなるので、注意が必要です。

脂漏性皮膚炎になると、マラセチア真菌が皮膚に刺激を与えて炎症を引き起こします。

それが表皮のターンオーバーも早めてしまうので、皮膚がはがれて、フケという形で現れます。

頭皮は、皮脂腺と呼ばれるものが比較的多くある部位なので、洗髪などのヘアケアが大事です。

マラセチア真菌は、皮脂腺から出る皮脂を食べて生息していますから、ヘアケアが疎かになって、皮脂が増えると、マラセチア真菌も増殖します。

そうなると、どんどんフケが増えてくるという状態になります。

しっかりシャンプーをして頭皮を清潔にしていても、たくさんフケが出てくるという人は要注意です。

また、フケを気にして必要以上に頭皮を洗いすぎると、指の爪で頭皮が傷ついてしまい、余計に症状が悪化する場合もあります。

フケだけでなく、頭皮にかゆみがあって、赤っぽい湿疹があるという場合は、脂漏性皮膚炎と診断されることが多いと思います。

症状的には、アトピー性皮膚炎にも似ています。

アトピーなどでもともと皮膚が過敏になっている所に、皮脂が状態を悪化させてしまう場合もあります。

脂漏性皮膚炎は、乳幼児に多く見られますが、大人にも発症します。

大人の場合は、フケの症状が出るのが特徴で、慢性化しやすく、治っても再発することが多いとされています。

ただのフケと軽く見ていると、後で痛い目に合うかもしれません。

なかなか治らない頭皮湿疹の多くは、脂漏性皮膚炎の疑いがあります。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ