頭皮湿疹とフケ

頭のフケは多くの人が体験する皮膚のトラブルのひとつです。

しっかりシャンプーをしているのに、フケがたくさん出てしまう人は、頭皮湿疹(頭皮の脂漏性皮膚炎)を発症しているかもしれません。

髪の生え際に赤っぽい斑点などがあり、大きいフケが出るようなら、脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。

頭皮湿疹は、かゆみを伴うことが多く、フケもたくさん出るので、とても不衛生な印象を与えてしまいます。

頭皮の脂漏性皮膚炎でフケが出るのは、不潔にしているからではありません。

大量のフケは、皮脂の過剰分泌で新陳代謝のスピードが早くなることが原因です。

過剰な皮脂が引き金となり、ターンオーバーの周期が早まることで、角質層も大量にはがれ落ちて、これがフケとなります。

フケを抑えるためには、頭皮湿疹を治療する必要があります。

もし症状がひどい場合は、皮膚科を受診しましょう。

脂漏性皮膚炎と診断されれば、ステロイド剤や抗真菌剤といった外用薬を処方してもらえます。

そして、フケ対策用のシャンプーも各種売られているので、こちらも併用するのがおすすめです。

頭皮に刺激を与えないように、できるだけ低刺激のシャンプーを使うように心がけましょう。

爪を立てずに指の腹を使って、皮脂が多い前頭部や頭頂部は特に丁寧に、やさしくマッサージするように髪を洗うのがポイントです。

シャンプー後のすすぎも大事です。

シャンプーの成分が頭皮に残らないように、十分すぎるほど洗い流しましょう。

髪の洗い方を改善して、あとはバランスのよい食事と十分な睡眠も心掛けましょう。


もし記事の内容が参考になったら「いいね!」お願いします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ